便利な世の中が、自由を奪うとは。


こんにちは。
ダイエット3ヶ月で7減量で体調良好、幸せ体質
完全復活間近のきみよです。

今回は、サルコペニア肥満のお話です。

サルコペニア肥満。
あなたは、ご存知でしょうか?

サルコペニア肥満とは
筋肉が通常必要な量よりも減少し、脂肪が増えた状態

サルコペニア体質になり、
その体質が要因で肥満となる。

サルコペニア体質になる原因はとして考えられるものは。

・加齢によるもの
・何らかの病気によるもの
・栄養不足によるもの
・運動不足によるもの

あなたの想像のとおり
原因の一番は、運動不足によるものです。

これには、社会の高機能化も関係していて
世の中の便利は、どんどん進んでいます。

駅のエスカレータ、エレベータ
インターネットでの買い物は、近所のスーパーまでになってます。
在宅で仕事して、通勤は最小限に。

要するに、1日の運動量が、減少していることが
大きな要因と考えられます。

では、サルコペニア体質になるとどうなるのでしょう。

総基礎代謝での脂肪燃焼量が減少している体質ですので、
好きなものは食べられず、常に少ない食事を
維持していないと太ってしまう。

若いうちは、我慢すれば良いかもしれませんが、
油断をするとすぐに体重が増えることになる。

実際に、サルコペニア体質は年齢を重ねるほど、
肥満になる可能性が高まります。

現実の調査では、20年前に比べて女性の肥満者の割合は、
減っていますが、
年代別に見ると、年齢が進むと全体に対する肥満者の割合は
増加しているので、男性も増えています。

また、サルコペニア体質になると、筋肉量が少ないので
疲れやすくなっているので運動を始めても、
脂肪燃焼が始まるまで運動に耐えられないこともあります。

筋力が落ちるため、動き難くなり運動をしなくなり、
これにより更に筋力は低下。

運動をしないことで脂肪と体重が増加するので、
更に動くのが大変になり、動かなくなる。

負の連鎖が始まり、抜け出すことは、難しい状態になってしまいます。

こうなってしまうと、社会生活において最低限の活動が精一杯で、
家族や友人と余暇を楽しむ体力は、かなり乏しくなってしまいます。

遊園地行こう、
花を見に行こう、
温泉に行こう、
美味しいものを食べに行こうなどは、

出来ない相談になってしまうでしょう。

では、サルコペニア体質といわれる自由を奪うものを遠ざけるには
どうするのか。

ここまで、お付き合い下さっている、あなたはお分かりでしょう。

将来の肥満を防ぎ、健康な状態を維持するためには、
運動によって筋肉量を増やし、運動効果によって脂肪を減らす、
ダイエットが理想的なのです。

食事制限だけのダイエットで、サルコペニア肥満を遠ざけるには
力不足で危険があります。

加齢と共に、筋肉量は減ってしまいます。
20歳の頃をピークに、毎年1%の減少、20年で20%の減少。

黙っては、サルコペニア体質 に近づくことは、避けられません。

ここで、この筋力低下と体重増加を実際に体験した
お話をしましょう。

主人公は、私の主人です。

主人は46歳まで、体重は65Kg前後でした。
50歳のときには、70Kgを越えて74Kgにまで増加しましたが
肥満領域の体重ではありませんでした。

しかし、騒ぎが起きました。
繰り返しますが、肥満領域の体重ではありません。

起きれない、立てない、這うこともできないと
必死の形相で訴えていました。

119を要請しようとするところを制して
タクシーで病院へ。

診断は、「疑痛風」「ぎつうふう」です。

風が吹いても痛いという痛風と同じような痛みですが
原因は違うそうです。

でも、痛風と診断名称にありますから
身体を動かすだけで痛かったそうです。

50歳代で発症するのも、かなり珍しいそうで
相当なショックを受けたました。

原因は、もちろん筋力低下と体重増加。

膝に注射されて、3日動けず、まともに歩けたのは、
10日ほど経過してからでした。

私は、こんな主人を傍らで見ていましたから、
本人程ではありませんが、それなりの危機を感じました。

私が思ったのは、
主人は、40歳までサッカーをやってましたし、
冬はスキーに長野に良く行っています。

私とは、全然違うスポーツ人種なのです。
そのスポーツ人種が、筋力低下と体重増で大騒ぎでしたので
私の50歳はどうなってしまうのか、とても不安になりました。

それから、痛みから回復した主人は、自己流でダイエットを敢行して
1年で13Kg減量+少しマッチョに変身??
軽くなっった効果は絶大で、子供とサッカーできるまでの回復。

私は主人から、遅れること1年半にダイエットを開始。
3ヶ月で7Kg減量して、お腹周り、お尻と太腿のサイズダウンと
幸せ体質回復中となりました。

私のと主人は痛い思いをしたことで、将来に対して危機を
感じて、ダイエットという行動になりましたが、
結果的に、肉体的な変化と自信を得ることができました。

一時的な痩身ダイエットを否定はしませんが、
「痩せた」って喜んでいれるのは、20代の前半まで。

筋力の低下は、あなたにも訪れることなのです。
サルコペニア体質と認定され、自由を制限されることを
遠ざけるのは、あなた次第です。

将来にわたり綺麗なボディと健康を維持するためには、
一定の食事制限と運動(筋トレ)は欠かせないと感じています。

綺麗でいることが損失になることはありません。

生涯、綺麗現役でいましょう。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

筋力をアップが、サルコペニア肥満を遠ざける一番の方法です。
画像を参考にしてください。
【薪割りスクワット(3回で1セット 1日3セット)】
肩幅に足を広げ両手を前に突き出す
腰を沈めヒザを90度に曲げ5秒キープ
薪割りの動きを5秒間続ける

まとめ主 いいね

画像

これは太もものMRI画像ですが白い部分が脂肪で中の黒い部分が筋肉です。

画像

まず立った状態から肩幅に足を広げます。両手を組んで掌を返して前に突き出します。

画像

腰を沈めヒザが90度になるようにします。 この状態で5秒キープ。

画像

このときヒザが足より前にならないように注意してください。

画像

5秒キープしたら両手を頭の上から薪割りのように何度も振り下ろします。 これを5秒間続けます。

関連記事

4304 PV

便利な世の中が...のサムネイル画像

便利な世の中が、自由を奪うとは。

こんにちは。 ダイエット3ヶ月で7減量で体調良好、幸せ体質 完全復活間近のきみよです。 今回は、サルコペニア肥満のお話です。 サルコペニア肥満。 あなたは、ご存知でしょうか? サルコペニア肥満とは 筋肉が通常...

ダイエット

いいね

2017/01/22